草津温泉 望雲の特徴と周辺の観光地について

草津温泉 望雲(ぼううん)は、「十返舎一九」「小林一茶」「高村光太郎」と言う有名な方々が滞在した事でも有名なホテルと言う事、新鋭作家が手がけたギャラリーが有る事、芸術的な内装でも有名なホテルです。

また、女性向けですが、常時100着以上の浴衣から自分の着たい物が選べる事が出来、多い場合は180種類から選べるのが嬉しいです。

 

草津温泉の中でも老舗中の老舗旅館の一つですが、改装した事も有り、より上質な空間や源泉かけ流し温泉を楽しむ事が可能です。

もちろん、「草津温泉バスターミナル」からは無料送迎が有り、ラウンジや客室では無線LANも完備しています。

 

草津温泉 望雲は料理に関しても有名で、地元の旬の食材を中心にややモダンなテイストを加えた料理が注目されています。

どうしても、温泉旅館の料理は古臭く感じてしまう方にも人気で、ケーキとフラワーアレンジメントも予約出来るのが嬉しい配慮だと思います。

 

草津温泉 望雲は温泉も有名

「源泉かけ流し」と呼ばれる「自家源泉」「共同源泉からの引湯」を使用した温泉の事を意味し、「温泉法」で定められた規準を満たした上で「日本源泉かけ流し温泉協会」に加盟している温泉です。

ただ単に源泉を流しているだけでは無く、「湧き出ている有効成分がそのまま流れている」事も必要条件の一つで、草津温泉 望雲であれば、「酸性の含硫黄」「アルミニウム」「硫酸塩」「塩化物」が湧き出たそのままの状態で堪能する事が出来ます。

 

草津温泉 望雲近くの観光スポット

草津温泉 望雲の徒歩5分程度の場所に「湯畑」や足湯が楽しめる場所、一息つける場所に公園も有り、公園を抜けると「西の河原露天風呂」と言う有料の大露天風呂も有ります。

観光地では、「頼朝宮」「光泉寺」が有り、「草津ガラス蔵」と言うガラス細工のお店も有ります。

 

「頼朝宮」は、草津町の文化財に指定されていて、「湯畑」と共に草津温泉に観光に来られた方に人気の高い場所で、頼朝を祀った石宮も有ります。

現在は修復されていますが、2013年の5月16日に襲撃されてしまったのが本当に残念です。

 

「光泉寺」は「真言密教」の寺院で、「真言宗豊山派」です。

御本尊様は「薬師如来」で、「遅咲き如来」とも呼ばれていて、多少時間がかかったとしても目的を達成させたい方や、開業や脱サラ等で心機一転頑張りたいと言う意識が高い方に人気で、「遅咲」と書かれたお守りでも有名です。

 

「遅咲き如来」だと呼ばれている理由は、現在のように世に出て有名になるまでに300年以上の時間が必要だったからです。

日本温泉三代薬師の一つです。

 

>>草津温泉 望雲の詳細はこちら